ロシアがすごい兵器作ってた。イギリスまで13分の極超音速ミサイルの発射実験に成功

ロシアがすごい兵器作ってた。イギリスまで13分の極超音速ミサイルの発射実験に成功


 宇宙からの核攻撃が可能な超音速航空機や、湿地から雪原まであらゆる地形を走破可能なバギーなど、新兵器の開発に余念がないロシアであるが、軍事専門家によると、ウラジーミル・プーチン大統領はアメリカ西海岸まで12分で到達する極超音速ミサイルを発射したそうだ。

 “オブジェクト4202(Object 4202)”ロケットはロシア国内のヤンスイ発射基地から発射され、数千キロ離れた極東のカムチャツカ半島に到達。クレムリン当局によると実験は成功とのことだ。

最高速度秒速7キロ、アメリカ西海岸まで12分

 これはNATOが”サタン2”と呼ぶロシア最強の新型核ミサイル”RS-28サーマット(RS-28 Sarmat)”に装着されるものと見られている。

[画像を見る]

 先月公開されたサーマットは、ミサイル迎撃システムすら出し抜く最高速度秒速7キロを誇り、イギリスなら13分、アメリカ西海岸までなら12分で到達する。

 広島や長崎に落とされた原爆の2,000倍の威力を持つ40メガトンの弾頭を搭載可能で、フランスや米テキサス州に匹敵する範囲を吹き飛ばすことができる。射程距離は10,000キロ。モスクワからならロンドンなどのヨーロッパ主要都市やアメリカ東/西海岸の攻撃も攻撃可能だ。

[画像を見る]

 イギリスの専門家によると、それまでの大陸間弾道ミサイルR-36は30年前に開発されたもので現在では時代遅れになっている。したがって仮にNATOと良好な関係にあったとしても新兵器の開発が望まれていた。強面なイメージの演出を好み、予測不能性と存在感を強調したいと考えるのがプーチン大統領である。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2016年11月28日のびっくり記事
「ロシアがすごい兵器作ってた。イギリスまで13分の極超音速ミサイルの発射実験に成功」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    13分あれば報復兵器をお見舞いするには十分。自滅覚悟でどうぞ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。