頭蓋骨を切断し遺体の肉をそぎ落として食す。古代ブラジルで執り行われていた死の儀式(ドイツ・ブラジル研究)

頭蓋骨を切断し遺体の肉をそぎ落として食す。古代ブラジルで執り行われていた死の儀式(ドイツ・ブラジル研究)


 古代ブラジル人が行っていたという儀式。それは遺体の歯を引き抜き、体の肉をそぎ落として火あぶりにして食すという死の儀式だったようだ。

 その証拠となる26体の遺体が発見されたのは、ブラジル東中部のラパ・ド・サント(Lapa do Santo)の洞窟だ。ドイツ、マックス・プランク進化人類学研究所とブラジル、サンパウロ大学の調査チームによると、10,300~10,600年前頃、もともとラパ・ド・サントは共同墓地として利用されていたという。

9千年前の切断された頭蓋骨と手が発掘される

 ラパ・ド・サントに人間が住み着くようになったのは12,000年前だと考えられている。石器や動物の骨が出土しており、狩猟採取生活を行う人間が暮らしていたことが示唆されている。

 昨年、ここから9,000年前のものと思われる切断された頭蓋骨が発見された。一緒に切断された手が頭とは逆方向に埋葬されており、表面には肉が削がれたらしき切り傷が残されていた。

[画像を見る]
9,000年前のものと思われる頭蓋骨

肉をそぎ落とした遺骨が丁寧に埋葬されていた

 ストロンチウム同位体の化学解析からは、それが討ち取った敵の首級というよりは、洞窟内で暮らしていた一族の若い男性のものであることが明らかとなっている。

 頭蓋骨と手が丁寧に安置されていたことから、儀式の一環として行われたことが推測される。また表面の細かい切り傷は、埋葬する前に肉を剥ぎ落としたことを示唆している。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月2日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。