元飼い主の家の子供たちとうまくやっていくことができずに施設に預けられた猫。その巨大さがチャームポイントとなり速攻で次の里親が決まる(アメリカ)

元飼い主の家の子供たちとうまくやっていくことができずに施設に預けられた猫。その巨大さがチャームポイントとなり速攻で次の里親が決まる(アメリカ)
[画像を見る]

 先月11月末、米メリーランド州にあるキャロル郡の動物愛護協会に1匹の大きな猫がやってきた。彼はエドガーという9歳のオス猫で、元の家で生まれた小さな子どもたちとうまくやっていくことができず、シェルターに預けられることとなった。

 エドガーを迎えたスタッフたちは、およそ10キロという彼の立派な姿に驚愕したものの、その後の展開はとてつもなく早かった。

 なんとエドガーはその巨大さに一目ぼれした家族が、「あなたのような方を待っていました」とばかりに速攻でお持ち帰りしたのである。シェルターに来てからたった数時間での出来事だ。

■ こんなでかいの見たことない!巨大なエドガーにスタッフびっくり

 その日、新しい猫がやってくると聞いていたシェルタースタッフだが、エドガーを見てその目を疑った。彼は、アメリカでは知る人ぞ知る巨大猫、サムソンくんを彷彿させるほどの大きさだったのだ。

[画像を見る]
image credit: Humane Society of Carroll County
 この施設ではこれまでこんな巨大な猫を受け入れたことがない。恐る恐るその体重を計測したところ、およそ9.5キロと判明した。

[画像を見る]
image credit: Humane Society of Carroll County

■ フェイスブックに投稿したら数時間後には里親が決定

 健康診断も終わり、エドガーの里親をいち早く見つけるべく、スタッフはFacebookを通じて里親の募集を行うことにした。するとその巨大でゴージャスな貫禄十分の姿は瞬く間に注目を浴びることになったのである。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2016年12月9日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。