ゴミは死体を隠蔽する。ゴミに埋もれて亡くなっていった8つのケース

ゴミは死体を隠蔽する。ゴミに埋もれて亡くなっていった8つのケース


 どうしても捨てられない、片づけられない。必要不必要かかわりなく様々なものを収集してしまう。そういった理由から家の中がゴミだらけのゴミ屋敷は世界中に存在する。

 人里離れた一軒家ならそれもよかろう。だがそういったゴミ屋敷は近隣住民に多大なる負担をかける。異臭があたり一面に漂いはじめると、無視することはできなくなるのだ。ここでは、ゴミ屋敷故に遺体の発見が遅れたり、死んでしまった8つのケースを見ていこう。

■ 1. ゴミの中には息子の遺体

[画像を見る]

 2016年9月、ニューヨーク州ブルックリンに住む女性、リタ・ウルフェンショーが緊急病院に運び込まれた。妹のジョセット・ブッチャマンが姉の家を訪れるとゴミのような日用品の中から、とんでもないものを発見した。なんとリタの息子、ルイスが、服を着たまま白骨体した状態でベッドルームに横たわっていたのだ。

 リタは盲目の女性である。息子のルイスは、20年前に行方不明になり、生きていれば49歳となる。彼女は警察に対し「息子は20年前に家を出て行ったきり戻ってこなかった」と語ったそうだ。

■ 2.祖母が溜め込んだゴミが原因で死亡した孫娘

[画像を見る]

 2015年、アメリア・ブラウンという3歳の少女が祖母の家の火事に巻き込まれて死亡した。その家にはあまりにも膨大な量のゴミが蓄積しており、消防隊員はベッドルームで死亡した少女の遺体を回収するのに何日も費やしたという。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2016年12月17日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。