瀕死の状態で保護されたアメリカキンメフクロウ。お手製の手動ルームランナーで歩く訓練を開始したよ(カナダ)

瀕死の状態で保護されたアメリカキンメフクロウ。お手製の手動ルームランナーで歩く訓練を開始したよ(カナダ)


 今年9月、カナダのアルバータ州の野生保護機関はひどく傷ついた瀕死のアメリカキンメフクロウのを保護した
 
 飛ぶことも、動くことすらできない。すぐに提携先の動物病院に運ばれ治療が行われた。手厚い看護が行われ、3カ月がたち、少しずつ体が回復してきた。

 そろそろ歩く感覚を取り戻させなくてはならない。とはいえ、施設にはフクロウ用の歩行訓練器具はない。スタッフは知恵を絞り、お手製の手動型ルームランナーを作り上げ、フクロウのリハビリを開始した。

AIWCさん(@albertawildlife)が投稿した動画 - 2016 12月 12 7:48午前 PST


 スタッフの一人が彼の小さな体をそっとつかみ、もう一人が紫色の布を引っ張って歩行を促す。回復を願うスタッフの心が通じたのか、フクロウもちゃんと足を動かしている。

 この理学療法はこのフクロウの関節可動域の向上と、頭をまっすぐ保つのに役立つそうだ。

 ボクがんばるよ!
 がんばって歩けるようになるよ!

[画像を見る]
image credit:Instagram/Alberta Wildlife
 保護機関の代表によると、彼は前向きにトレーニングを受けており、目覚ましい回復ぶりを見せているという。とはいえ、普通のフクロウのように動けるようになるには、まだまだ時間がかかる状態だ。

 この歩行訓練と並行して、動物病院内ではレーザー治療も受けている。これは痛み緩和に役立つそうだ。スタッフたちは少しでも早くこのフクロウが自力で立ち、空を飛べるようになるのを願いつつ、彼の訓練をサポートしていくという。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2016年12月17日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。