うつ病は万病のもと。病気と障害の主要原因はうつ病であるとWHO(世界保健機構)が発表

うつ病は万病のもと。病気と障害の主要原因はうつ病であるとWHO(世界保健機構)が発表


 「病は気から」という言葉がある。その「気」がおかされてしまうのがうつ病である。ならばうつ病があらゆる病気の根源となるといっても驚くにはあたらないだろう。

 世界保健機関(WHO)は今月「病気と障害の主要原因はうつ病である」と発表した。うつ病の患者数は10年で18パーセント以上も増加し、今や3億人がこの病気で苦しんでいる。

 WHOが2005~2015年にかけて実施した調査によると、この期間で患者数が18パーセント以上増加したという。

【うつ病とその他の疾患に強い関連性あり、その逆もしかり】

 WHOはうつ病とその他の非感染性障害・疾病とには”強い関連性”があるとし、「うつ病は糖尿病や心臓疾患のような物質使用関連障害のリスクを高める」と説明する。

 また、その逆の因果関係もあり、そうした障害を患う人はうつ病になるリスクが高まる。さらにうつ病が大勢の人々の命を奪っている自殺の重要なリスク因子であることも指摘する。

【うつ病のもつ潜在的危険性を国家レベルで理解することが重要】

 うつ病がこれだけ世界に広まっているにもかかわらず、多くの国々では精神疾患患者に対するリソースの供給が十分ではない状態だ。

 場合によっては、一切支援がなされないこともある。こうした問題は途上国に特有の問題などではない。先進国など高所得の国々においても50パーセント近くの患者が治療を受けていないとWHOは指摘する。

 平均すると、政府の保健関連予算のうち精神衛生に回されるのはたったの3パーセントにすぎない。ただし、その範囲は、低所得国なら1パーセント以下、高所得国なら5パーセントとばらつきがある。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年4月8日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら