いったいなぜ?16世紀初頭の「ピーリー・レイース地図」に描かれた発見前の南極大陸らしきもの

いったいなぜ?16世紀初頭の「ピーリー・レイース地図」に描かれた発見前の南極大陸らしきもの


 1513年に作成されたと思われる航海地図は、当時の技術水準からは考えられないほど詳細に世界が描かれていたという。
 
 作成者はオスマン帝国海軍の提督ピーリー・レイースであり、1929年に発見された。地図は彼にちなんで「ピーリー・レイース地図」と呼ばれている。

 この詳細な地図には、まだ発見前の南極大陸のようなものが描かれていたという。これをめぐって専門家の間では様々な説が出ている。未知なる海洋国家であるとする主張する者や、異星人が関与していた証拠であると主張する者もいるのだ。

[動画を見る]
The Ancient Antarctica Maps

【当時最新の地理知識を使ったと言われている航海地図】

 ピーリー・レイース地図は1929年、イスタンブールのトプカプ宮殿博物館に収蔵された写本類の中から発見された。1513年に描かれたものだと言われており、ガゼルの羊皮紙が使用されていた。インド洋を描いていたと思われる右半分は失われてしまっており、現存する部分は大西洋を中心に描いた左半分の断片である。

 大西洋を描く残存断片はこの海域の航海図になっており、陸地としてイベリア半島とアフリカ大陸北西部、南北アメリカの東海岸、および南アメリカから伸びる陸地が描かれている。南アメリカから伸びた陸地には、周辺を航行する船と、動物が描かれている。

[画像を見る]
※画像クリックで拡大表示

【まだ発見されてない南極大陸まで描かれていた】

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年4月19日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。