アメリカの理不尽すぎる話。信号機の欠陥を証明したら違法行為であるとして500ドルの罰金を科された男性

アメリカの理不尽すぎる話。信号機の欠陥を証明したら違法行為であるとして500ドルの罰金を科された男性


 交通違反で捕まる人って毎分どれくらいいるのだろう?シートベルト装着義務違反から、スピード違反、飲酒運転など、様々な違反があるが、どんなに注意していても見知らぬ場所でうっかり一時停止の看板を見逃してしまい捕まってしまった・・・などということもある。

 それはある日突然やってくる。

 アメリカでも同様で、特にスピード違反に関しては簡単に違反切符をとられる。巡回中のパトカーが後ろからパッシングをしてくるので車を止めると、「スピード違反だよはいチケット、異議があるなら裁判所に行って」とチケットを手渡されるのだ。

 ところが最悪なことに、その裁判所が聞く耳すら持たない場合が多い。さらには、ある男性が信号機の欠陥を証明したところ、信号機の技術を批判することは違法行為だとして罰金を取られたというのだ。

【妻の違反切符がきっかけで信号機を調べた電気技師】

 Mats Jarlstromさんはスウェーデン出身の電気技師で、オレゴン州ビーバートンに住んでいる。その妻が信号無視のかどで違反切符を受け取った。違反する場面が交通カメラに映っていたのだという。彼は興味を惹かれて信号機を調査することにした。

 するとこの信号機は1950年代から使用されている技術を利用しており、新しいものに変える必要性があることが判明した。

公式は本来、道路を直進する場合にしか使えません。しかし現在では、それが交差点という、安全のために減速しなければならない場所で曲がるときにも使用されています

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年5月1日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら