犬を独りぼっちで留守番させているとき、犬の身に起きること。犬を寂しくさせないためには?

犬を独りぼっちで留守番させているとき、犬の身に起きること。犬を寂しくさせないためには?


 忠実で、愛らしい犬は飼い主に対して深い愛情を抱いていている。夜、飼い主の夢を見るほどに愛情深いのだ。

 だからこそ、犬にとって独りの時間はつらい。ちょっとトイレのために席を外すだけでも悲しい。ましてやあなたが1日中外出するとき、彼らは永遠の別れであるかのようにあなたの後ろ姿を見つめている。目を大きく開き、クンクンと鳴くその姿は、もう2度とあなたに会えないとでも考えているかのようだ。
 
 その悲しみが消えるのは、不当なまでに長いと彼らが感じている旅からあなたが帰宅したときだけだ。

 なぜ犬はご主人様がきちんと帰ってくることが分からないのだろうか? そして、ちゃんとあながた帰ってくることを彼らに伝える方法はあるのだろうか?

 この疑問に答えてくれたのは、英バタシー・ドッグズ&キャッツ・ホームの犬活動福祉チーム(CBWT)だ。

 これを読んだら、もう愛犬を放ったらかしにはできなくなるだろう。

【あなたが去って30分後、犬のストレスはマックスに】

 まず、愛犬に「じゃあね」と告げ、玄関から外に出かけたとする。その状況を犬が理解すると、彼らは強いストレスを感じ始める。ストレスレベルが上昇すると、犬の心拍数、呼吸、コルチゾールといったストレスホルモン濃度も上昇する。

 大抵の犬の場合、ストレスが最大に達するのは、独りになってから最初の30分である。しかし、中には飼い主が帰宅するまでずっと強いストレスを感じ続ける犬もいる。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年5月7日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。