アンビリーバボー!クマの襲撃から生還を果たした10の事例

アンビリーバボー!クマの襲撃から生還を果たした10の事例


 滅多にないことであるが、クマに襲われることもある。お腹が空いて襲ってくるクマもいるかもしれないが、ほとんどの場合は驚いたり、怯えたりしていることが原因だ。

 大抵なら食べ物をキャンプから遠ざけたり、大きな音を立てたりすることでそれを食い止めることができる。だが、ここで紹介する人たちはクマの襲撃を受けたもののなんとか生き残ったケースである。

【10. クマを蹴り飛ばした】

[画像を見る]
動画:Mom Explains Surviving a Bear Attack(傷映像注意)

 バージニア州在住のローリー・コックジーは、子供を連れてハイキングをしている途中でアメリカグマに遭遇した。バージニア州の推計によると、一帯には17,000頭のアメリカグマが生息しているが、人が襲われることはあまりないという。クマの方が先に人間に気づけば、姿を現そうとしないのが普通だ。

 コックジーと子供は道の先に後ろ足で立ち上がったクマがいることに気がついた。すぐに逃げ出したが、追いつかれ背中を爪で引っ掻かれた。そこで山の斜面を降りてクマをまくことにしたが、それでも追ってくる。ついに足を掴まれたコックジーは思いっきり蹴っ飛ばす。クマがたじろいだ隙に逃げ出した。

【9. 2度もクマの襲撃から逃れたカメラマン】

[画像を見る]
動画:JIM COLE BLINDSIDED INTERVIEW.m4v
 野生動物を撮影するカメラマンが動物に襲われることもある。クマが大好きな写真家ジム・コールは、グリズリーの襲撃から2度も九死に一生を得ている。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年5月25日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。