パターン青、新色です!偶然によって発見された完璧に近い「青色素」がついに発売(アメリカ)

パターン青、新色です!偶然によって発見された完璧に近い「青色素」がついに発売(アメリカ)


 2009年、オレゴン州立大学(OSU)の化学者が、思いがけないことから、鮮やかな新しいブルー色素を発見した。

 現在この「青」は市場に出回り始めていて、塗料や合成樹脂として幅広く活用されることになる。クレヨラ社はこの色素を使ったクレヨンを発売することとなった。

【偶然の発見】

 新たに発見された「青」は、古代エジプト、中国の漢王朝、マヤ文化などのイメージをとらえたほぼ完璧に近い青色素である。

 それは偶然に発見された。

 OSUの化学者マス・スブラマニアンのチームは、電子技術に応用するための新たな物質を使って実験していた。黒色の酸化マンガンとその他の化学物質と混ぜて、1000℃近くまで熱したところ、なんとサンプルが鮮やかなブルーに変わったのだ。

[画像を見る]

 もともとは、同大学院生のアンドリュー・スミスが、これらの物質の電気的特性を調べるために作っただけだったのだが...

「まさに運よく偶然に見つかった思いがけない発見だった」とスブラマニアンは言う。

 この新たな色素は、マンガンイオンが光の赤とグリーンの波長を吸収できる独特な結晶構造をしている。この鮮やかなブルーはかなり耐久性があり、とても安定しているため、オイルや水に入れても色あせることはない。

[画像を見る]

【毒素のない鮮やかな青】

 こうした特性は、幅広いさまざまな商品に利用することができる。例えば、塗料として使えば、赤外線ライトを反射することで塗った建物を涼しく保つことができる。さらにいいことは、色素の成分に毒素がまったくないことだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年5月21日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。