またメインクーンの話をしよう。世界最長のギネス記録保持猫を超える猫がオーストラリアで発見される

またメインクーンの話をしよう。世界最長のギネス記録保持猫を超える猫がオーストラリアで発見される


 「穏やかな巨人」の愛称を持つイエネコ巨大種と言えば、もちろんメインクーンだ。現在、イギリス在住のメインクーンのルドは、体長118センチで、ギネス記録保持猫となっている。

 そんなルドにオーストラリアから挑戦状が届いたようだ。オーストラリア、メルボルンに済むオマールは、体長が約120センチということで、世界最長の記録が更新されそうな勢いなのである。

[動画を見る]Is this cat from Melbourne the longest in the world?

【現在120センチ、体重14キロのオマール】

 メルボルン在住のステファニー・ハーストさんと共に暮らすオマールは、体長約120センチ、体重約14キロ。犬と一緒に写った写真を見ればその大きさは一目瞭然だ。

[画像を見る]

 オマールを迎え入れた当初、ステファニーさんは「どんなに大きくなっても大体9キロくらいまででしょう。」と言われていたという。しかし1才になるころにはすでに9キロに到達していた。3歳になった今ではなんと普通の猫の3倍レベル、赤い彗星シャアもびっくりに育ったようだ。

台所とか普通にとどくし
[画像を見る]

【健康の秘訣は昼寝とカンガルー肉】

 今では巨大化したオマールだが、赤ちゃん時代には普通に小さかったという。

 オマールの健康的ふっくらボディの秘訣は昼寝をすることと、カンガルーの肉を食すことにあるという。

 朝5時ごろに目覚め、朝食にドライキャットフードを2カップ分ほど食べ、家の中を散策、その後は裏庭で遊び運動を少々。その後はトランポリンの上でたっぷり昼寝をし、夕食にカンガルーの生肉を召し上がるんだそうだ。

[画像を見る]
 インスタグラムから人気に火が付き話題となったオマールだが、おとなしく控えめな性格のため、わきゃわきゃ注目されるのは気恥ずかしいようだ。

 「オマールにとってはギネス記録などどうでもいいんだと思います。平穏な暮らしができることが一番の喜びなんじゃないでしょうか」とステファニーさんは語っている。オマールもまた、メインクーン種の特徴である「穏やかな巨人」なのだ。

 ある日のお昼寝前を激写した動画。
[画像を見る]
 オマールは今後、世界最長の猫として名を刻むことになるかもしれない。
 だがオマールにとってはそんなことより、のんびりと暮らしたいようだ。

via: MirrorPeopleInstagramなど/translated kokarimushi / edited by parumo

記事全文はこちら:またメインクーンの話をしよう。世界最長のギネス記録保持猫を超える猫がオーストラリアで発見される http://karapaia.com/archives/52239722.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「またメインクーンの話をしよう。世界最長のギネス記録保持猫を超える猫がオーストラリアで発見される」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    あれ虎じゃない!? トラだって、あんなでっかい猫いないって!

    1
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月26日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。