洗脳(マインドコントロール)にまつわる実話とそれがアメリカという国の形成に与えた影響

洗脳(マインドコントロール)にまつわる実話とそれがアメリカという国の形成に与えた影響


 「洗脳(マインドコントロール)」それについて初めて警告を発したのはジャーナリストのエドワード・ハンターだ。

 「洗脳戦術が中国人を共産党の先兵に変えている」と1950年9月のマイアミ・デイリーニュースの見出しを飾った。その記事は、毛沢東の赤軍が古代の技法を用いて人民を心のない共産党のロボットに変えていると訴えていた。この技術を「洗脳」と呼んだ。

 共産党とマインドコントロールの恐怖がアメリカを襲ったのはこれが初めてではない。1946年には全米商工会議所が共産主義の広まりを懸念し、社会主義や共産主義を排除せよと提案した。当初、それほど反響がなかったハンターの記事であるが、朝鮮戦争で強いインパクトを与え始める。

【朝鮮戦争と洗脳】

 エドワード・ハンターは1952年、朝鮮半島で撃たれ、捕虜となった。同じ目に遭った最も階級が高かった人物はフランク・シュワブル大佐である。

 1953年2月にもなると、彼らは朝鮮の民間人に対して細菌兵器を使用したという虚偽の告白をするようになった。アメリカの世論はショックを受け、朝鮮からの撤退を訴えるようになる。決定打となったのは米兵21名が帰還を拒否したことだ。

 洗脳の脅威が突如として現実のものとなった。米軍は兵士の自白を否定したが、なぜそのような自白を強要できたのか洗脳以外に説明する術はなかった。

[画像を見る]

【共産主義と洗脳】

 マインドコントロールはサブカルチャーでも人気のテーマとなり、映画『ボディ・スナッチャー』や『影なき狙撃者』で心を失くした人間が描かれた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月5日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。