日常の何気ない行動でその人の特性がわかる。5つの特性におけるその特徴的行動(米研究)

日常の何気ない行動でその人の特性がわかる。5つの特性におけるその特徴的行動(米研究)


 最新の研究によると、個人の持つ特性(パーソナリティ)は、特定の日常的な習慣と強い関連性があることがわかった。

 アメリカの心理学者、ゴールドバーグ,L.Rが提唱したパーソナリティの特性論によると、人間が持つさまざまな性格は5つの特性の組み合わせで構成されるという。

 これら5つの特性を「ビッグ・ファイブ」というが、日常何気なくしている行動や習慣は、本人の持つこの中の特性を表しているのだという。

 例えば常に腕時計を付けている人は誠実性が高く、シャワーや運転中によく歌を歌い、甘いものが好きな人は協調性が高く、逆に朝辛いものを食べたり家の中を裸で歩き回ったりする人は好奇心が強いといった具合だ。
 
 まず最初にビッグファイブについて説明しよう。特性5因子論とも呼ばれるこの特性論は、個人の一貫した行動傾向を「特性」と呼び、いくつかの特性が組み合わさって人間の性格は作り上げられるという考え方である。

 さまざまな研究から、この5つの特性は、文化差・民族差を越えた普遍性を持つものとされている。

■ビッグファイブの特性5因子

外向性(E)
社交性や活動性、積極性を表す

高:外向性が高い人は外の世界に積極的に関わろうとする
低:外向性が低い人は内気で静かな生活を好み行動は抑制的

誠実性(C)
自己統制力や達成への意志、真面目さ、責任感の強さを表す

高:誠実性の高い人は、目的意識が強く最後まで根気をもって意思をつらぬく。時にこだわりが強くなり、完全主義や強迫的な傾向が出る。
低:誠実性の低い人は、不注意で飽きっぽく怠慢なところがある。計画的に物事を進めていくのが苦手な傾向もある。

協調性(A)
利他性や共感性、優しさなどを表す

高:協調性が高い人は人と関わることを好み協力して行動する。
低:他人に対してあまり親身にならず、自分のことを中心に考えがち。

神経症傾向(N)
刺激やストレス対する敏感さ、不安や緊張の強さを表す

高:神経症傾向の高い人は神経質で不安を感じやすく行動は慎重になる。極端な場合には不安障害やうつ病を引き起こす。
低:神経症傾向の低い人は情緒が安定しているが鈍感な面もある。リスクを過小評価して危険な行動に走りやすい可能性もある。

経験への開放性(O)
知的好奇心の強さ、想像力、新しいものへの親和性を表す

高:開放性が高い人は発想が独創的で革新的なことを好む
低:開放性が低い人は保守的で慎重なタイプ

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月29日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。