アメリカが軍の宇宙部隊創立を推進する動き

 他方、支持者側は、中国やロシアをはじめとする国々が、アメリカが広大な通信ネットワークや衛星測位システムを通じて築き上げたアドバンテージを打ち消してしまうような兵器開発を行なっており、軍事における宇宙の優先順位は高まっていると主張。空軍はこうした状況をまるで理解していないと批判する。

[画像を見る]

【トランプ大統領の署名を得られるかどうかがカギ】

 ロジャーズ議員とクーパー議員は宇宙部隊の設立を、「国家安全保障宇宙戦略を是正する最初の、しかし決定的な措置」であると話す。彼らによれば、宇宙戦略がもたらす戦略的アドバンテージが損なわれつつあるという党派を超えた認識があるという。

 しかし5月にデビッド・ゴールドフェイン空軍参謀総長は、上院軍事委員会に対して、個別の独立した宇宙部隊の創設は空軍に混乱をもたらすと発言。大規模な組織の改変による混乱によって、かえって身動きが取れなくなると述べている。一方で、将来的に見直すことは考えられ、意見交換は今後も続けるとも話す。

 提案が実際に施行されるためには、まず委員会からきちんとした承認を受け、両院で採択された後に、ドナルド・トランプ大統領の署名を得なければならない。

via:spacenewsbreakingdefenseなど/ translated hiroching / edited by parumo

あわせて読みたい
[画像を見る]SF風デザインでかっこいい。アメリカ空軍・陸軍の特殊訓練を受けた兵士のみに贈られる、名誉ある「宇宙運用記章」

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年6月29日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。