アメリカの医療事情がさらに悪化。難病をかかえる母親が明かした1回の医療請求額はなんと2310万円

アメリカの医療事情がさらに悪化。難病をかかえる母親が明かした1回の医療請求額はなんと2310万円
       


 日本のように国民健康保険がないアメリカの場合には、個人で保険に入らないと莫大な医療費が請求される。指に包帯を巻いただけで90万円、盲腸手術で575万円と、そりゃもう桁違いだ。たとえ保険に入っていても元の金額が膨大なのでかなりの負担を強いられる。

 これを改善すべくオバマ前大統領が、オバマケアと称した医療保険制度改革を進めてきたが、政権交代で一転、オバマケアの撤廃が決定した。

 共和党のヘルスケア法案、通称「トランプケア」の実施が迫った今、多くのアメリカ人が医療費の高騰に恐れおののいている。

 ニュージャージー州に住むある母親は差し迫った変化に対して異を唱えるため、慢性疾患の息子に送られてくる毎月の病院の請求書をツイッターで公開し、これがネット上で話題となっている。

 もし保険がなければ、1回の請求額はなんと約2310万円である。

【トランプケアで保険に上限が設定される】

 看護師だったアリ・チャンドラさんは妊娠中に、お腹の中のイーサンが内臓変位症候群という内蔵の位置に異常がある病気にかかっていることを知った。

 イーサンは心臓にも異常があったため、生後6日目にして最初の手術を受け、以来現在までに数度の手術を受けている。これまで医療費のほとんどは保険によって賄われてきたが、トランプケアが施行された場合、状況が大きく異なってくる。

 トランプケアには”生涯上限(lifetime cap)”が設けられており、1人の人間が利用できる保険額に制約がある。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「アメリカの医療事情がさらに悪化。難病をかかえる母親が明かした1回の医療請求額はなんと2310万円」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    超絶累進課税を実現するとか

    0
この記事にコメントする

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月4日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。