サルバドール・ダリの遺体が掘り起こされる。娘だと主張する女性と本当に親子関係があるのかどうかを調べるため

サルバドール・ダリの遺体が掘り起こされる。娘だと主張する女性と本当に親子関係があるのかどうかを調べるため
       


 世紀の鬼才、シュルレアリスムの代表的な作家として知られているサルバドール・ダリは、人妻だったガラ・エリュアールと恋に落ち、ガラが正式に離婚してから2年後の1934年、結婚することとなる。

 1989年にスペインで亡くなったダリは妻との間に子供はいなかった。だが、自分がダリの娘だと主張する女性が現れた。

 女性はダリが彼女の父親であることを証明するため、DNA鑑定をするよう申し立てを行った。だがダリはすでに死んでいる。DNA鑑定をするには遺体を掘り起こさなければならない。

 その申し立てを受け、スペイン・マドリードの裁判所は、DNA鑑定のためダリの遺体を掘り起こすよう命じたそうだ。

【ダリと不倫関係にあった元家政婦、2人の間に生まれたと主張する女性】

 今回申し立てを行ったのは、1956年生まれのスペイン人女性マリア・ピラル・アベル・マルティネス。

 マリア曰く、当時家政婦だった彼女の母親が1955年にダリと不倫の関係にあって、自分が生まれたのだという。ジローナ生まれのマリアはタロット占い師で、2015年に初めて実父の法的認知訴訟を起こした。

 ダリは1989年に85歳で亡くなったが、故人との血筋を特定できる生物学的なものはなにも遺していない。もし娘と認められれば、マリアはダリの唯一の子として膨大な遺産の一部を相続することになる。

[画像を見る]
申し立てを行ったマリア・ピラル・アベル・マルティネス

【母親に自分はダリの娘であると聞かされていた】

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月7日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。