科学の名のもとに、とはいうものの・・・現代における不穏な10の科学実験

科学の名のもとに、とはいうものの・・・現代における不穏な10の科学実験


 研究者たちの飽くなき探求心が人類の進歩と発展を促してきた。これは誰もが認めるところであるが、時に知識を追求するあまり、インモラルな方向に進んでいってしまう場合もあるようだ。

 人類はこれまで、科学の名の下に動物を殺し、生きた人間で実験を行なってきた。審査委員会が作られたのは、科学に道徳規範を設けるためだ。

 多くの国々にそうした制度があるにもかからわず、倫理的に懸念される実験は今もなお行われているようだ。神を信じる国においては特に心配になるであろう、どこか不穏さを感じさせる実験がまとめられていた。

【10. マインドコントロール・ネズミ】

[画像を見る]

 小さいが、優れた運動能力を誇るネズミは実験動物として最適だ。ニューヨーク州立大学で発明されたのは、そのネズミを操る技術である。まだ初期段階であるが、460メートル離れたネズミを操ることができる。しかし生き物をコンピューターによってコントロールすることは、どこか不気味さを感じさせる。

 この技術はコンピューターでネズミの脳の報酬系を刺激する信号を送信する。こうするとネズミは嬉々として奴隷として振る舞うようになる。

 仮にこの技術が人間を含めた他の動物をコントロールする足がかりとなるのであれば、我々は独裁者や腐敗した政府によって自主性を奪われる危機に直面していることになる。研究者は生身の人間では危険な作業を動物に行わせる際に有効だと言うが、同時に完全な奴隷や従順な市民を作り上げることも不可能ではないということなのだ。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「科学の名のもとに、とはいうものの・・・現代における不穏な10の科学実験」の みんなの反応 1
  • とーちゃん 通報

    この記事は強化病原菌の脅威以外はぼんやりした不安感や嫌悪感、果ては何が起こるか分からないからイカン!など、論理性のない感情論ばかりだなぁ…。と思った。

    1
この記事にコメントする

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月12日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。