うつに対する脳の反応は男女で大きく異なる。思春期は特に顕著(英研究)

うつに対する脳の反応は男女で大きく異なる。思春期は特に顕著(英研究)


 イギリス、ケンブリッジ大学の最新研究によると、うつ病患者のネガティブな刺激に対する反応は、男女の脳によって大きく異なることがわかった。

 この研究は10代から20前半の若者を対象にしたもので、それによると、女性は男性の2倍、うつ病を発症しやすいが、うつによる自殺は男性のほうが多いという。

 この発見により、男女の脳の反応の違いを考慮した抗うつ剤治療ができるかもしれない。

【少女は少年よりもうつ病になりやすい】

 この研究は、10代から20代前半のうつ病の若者を対象に行われた。うつに苦しむ82人の女性、24人の男性の脳をスキャンした。このうち女性24人、男性10人は、11歳から18歳の若者だ。

 幸せ、悲しみ、そのどちらでもない言葉を特定の順番で画面に現れるようにして、被験者たちに見せ、そのときの脳の反応をMRIで調べた。その結果、15歳までの少女は同性代の少年と比べて、2倍も深刻なうつになりやすいという。

 女性のほうがうつを発症しやすいのは、太っているとか痩せているとかの身体イメージに関係する問題や、ホルモン変動、場合によっては遺伝子なども関係している。女性は遺伝性疾患を受け継ぎやすいという研究結果も出ている。

 ことさら少女はよりネガティブな思考様式に陥りやすい、人生での悪いことをあれこれ思いめぐらす傾向にある。

[画像を見る]

【うつが原因で自殺するのは少女より少年の方が多い】

 しかし、少女にうつが多い一方で、少年は少女よりもうつによる自殺や薬物乱用に陥りやすいという。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年7月18日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。