太陽系最大の惑星、木星に関する7つの驚異的事実

太陽系最大の惑星、木星に関する7つの驚異的事実


 木星は太陽系最大の惑星である。何しろ太陽系の他の惑星すべてを内側に収めることができるほど大きい。それは巨大なガスの塊で、恐ろしい嵐が吹きあれている。古代から知られ、多くの文明で神話や信仰の対象となっていた。

 以下ではジョンズ・ホプキンズ大学の物理学者であり、木星探査機ジュノーに搭載されているJEDI(エネルギー粒子検出装置)の首席研究者であるバリー・モーク氏が語った木星についての驚異的事実だ。

【1. その巨大さに関する事実】

[画像を見る]

 木星の内側には地球が1,300個収まる。とにかく大きいのだ。強力な磁気圏はさらに大きく、なんと太陽よりも大きい。太陽の中に木星1,000個が入ることを考えれば驚きである。

 木星が自転する長さ、すなわち木星の1日は9.9時間。一方、1年は地球の4,333日に相当する。

 太陽からの距離はおよそ5.2AU(天文単位/1AUは地球と太陽との距離)で、日光が木星に届くまでには43分かかる。

 69個もの衛星を伴っており、その数は未だに増え続けている(今年にも2つ発見されたばかり)。これらは着陸拠点となるので、将来的な探査に役立つことだろう。木星は巨大なガス惑星であり、一般的な地表がないのだ(少なくとも利用できるものはない)。

【2. ガス惑星だが、突っ切ることはできない】

[画像を見る]

 ガスの塊であるが、雲のようにその中を突っ切って進むことはできない。荒々しい嵐、アンモニアの大気、気圧のいずれもがそれを阻む。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年8月22日のびっくり記事
「太陽系最大の惑星、木星に関する7つの驚異的事実」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    だから何?人類がたどり着ける様になるにはあと数百年かかる。行ったところで貴重な資源があるわけでもない。一体何の目的で行くんだ?こんな研究に使う金と暇があったら地球の温暖化対策してくれ!

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。