なんか変に見えるぞ?普通のビルなのに目の錯覚を感じる、錯視的アングルでとらえた世界13の建造物

なんか変に見えるぞ?普通のビルなのに目の錯覚を感じる、錯視的アングルでとらえた世界13の建造物


 アメリカ・テキサス州ダラスを拠点として活動しているセルビア人の写真家、ニコラ・オリック氏は、世界中を飛び回り、建物を撮影するべき角度を見つけようと目を光らせているのだ。

 その成果が、ともすれば実現不可能な錯視にも見える建築物の写真である。

 これらは極めて普通の建物である。だがオリック氏の手にかかると、絶妙なアングルやカットのおかげで、これらの建物がエッシャーのだまし絵のようにも見えるから不思議だ。

 いったい自分が見ているものは何なのか?思わず自分の目を疑わずにはいられなくなるだろう。

1. ビルのカットオフ (中国、シンセン)
 混雑した、多様な、ダイナミックな町シンセンの、思いがけないステキな建物。グーグルの探索を逃れて、ひっそりと佇んでいる。
[画像を見る]
imege credit: Nikola Olic

2. 青と緑の競争 (アメリカ、テキサス州ダラス)
 南ダラスのフェアパークにて。遮るもののない午後の日差しの下、各部分が注意を引く。この公園を支配するアール・デコは、1936年のテキサス州100周年記念万国博覧会のために集められたものだ。
[画像を見る]
imege credit: Nikola Olic

3. スパゲッティ・ビルディング (日本、東京)
 都市の中の都市、東京に似た街はない。「トウキョウ」として知られる小さな街それぞれに、中心と歴史、ビジュアルと建築がある。世界大戦による破壊からの復興を祝う活き活きした建築物で有名だ。東京の複雑な道を探している途中でも、このようなすごいビジュアルに出会えることを忘れてはならない。...続きを読む

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年7月25日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。