首狩りの風習があった10の首狩り族

首狩りの風習があった10の首狩り族


 首狩りは、儀式などの目的のために人の首を切り落としたり、それを保管したりする習慣のことだ。

 首級をあげた人物の武勇の証明、儀式的な力の獲得、死者の死後における奴隷化、戦利品といった意味合いがあった。以下では、首狩りを行なっていた10部族を見ていこう。

【10. マオリ族】

[画像を見る]

 ポリネシアの移民はニュージーランドに到達すると、独自の言語と文化を作り上げ、マオリ族として知られるようになった。彼らはポリネシアの習慣を基礎とし、部族内では戦士の文化が育まれた。

 マオリ族は敵を討ち取ると、その頭蓋骨を取り除いた後、頭部を煙でいぶし、丁寧に保存した。犠牲者の刺青や顔の特徴はそのまま残るため、首は戦利品として扱われた。マオリ族は制圧した敵の首狩りと食人を行なっていた部族としては最も有名な人々だろう。

【9. スンバ族】

[画像を見る]

 インドネシア、スンバ島で暮らしていた部族。東スンバと西スンバのどちらも首狩りを行なっていたが、その理由は異なる。東部では占領地を示すため、西部では対等な者同士の復讐の証としてである。

 首級を保管するという点では共通している。東部では対立が起こると頭部を木にぶら下げたが、平時になると頭を埋めた。西部では首を家族に返すこともあったが、魔法の調合薬を作るために髪の毛は手元に置いた。

【8. スキタイ】

[画像を見る]

 スキタイはイラン系ユーラシア人の遊牧民で、中央アジアから南部ロシアやウクライナに移住しては、今日クリミアと知られる強力な帝国を作り上げた。馬術に長けており、獰猛だったとヘロドトスが記している。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年7月26日のびっくり記事
「首狩りの風習があった10の首狩り族」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    もう違う生物だろ

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら