性的な意味もあった、あくびが出る理由。そしてあくびがうつる理由(米研究)

性的な意味もあった、あくびが出る理由。そしてあくびがうつる理由(米研究)


 疲れたり、目覚めたり、退屈したり、眠かったり、そしてお腹が空いたときでさえあくびは出る。私たちは毎日あくびをする。なぜなのか? 人体でも最大級のミステリーかもしれない。

 子供の頃、あくびは退屈のサインだと教わった人もいるだろう。だが、それだけではない。性的に興奮している場合にもあくびはでるそうだ。

【なぜあくびが出るのか?】

[画像を見る]

 これまでに判明した限りでは、あくびは脳の変化なのだそうだ。米メリーランド大学の心理学者ロバート・プロバイン教授によれば、あくびはある行動から別の行動へと移行していることを示しているのだとか。

例えば、一番あくびが出るのは起床後や就寝前です。あくびはこうした移り変りを喚起させ、意識させる手助けをしています。同様に退屈したり、強い興奮状態においても出ます。脳が冷却を必要としているからです(プロバイン教授)

 そうは言っても、愛の営みの真っ最中にパートナーにあくびをされたら、あなたは一気に萎えることだろう。

 だが、もしまた相手のそうした姿を見てしまったら、この言葉を思い出すといい。パートナーは「とても興奮している」のだと。

 性的な興奮はさておき、あくびは基本的に脳が最善の状態であるように努めているサインである。

 「現在最良の説によれば、それは脳が適温になく、最大の力を発揮するために冷却の手助けをしていることを示しています」と米デューク大学のリズ・チルッリ氏は説明する。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年7月30日のびっくり記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。