孤独の蔓延が人々の命を奪う。孤独感や疎外感は肥満よりも深刻な社会問題(米研究)

孤独の蔓延が人々の命を奪う。孤独感や疎外感は肥満よりも深刻な社会問題(米研究)


 孤独感や疎外感はよく取りざたされる肥満よりもずっと深刻な健康問題であると専門家が注意を呼びかけている。

 アメリカではますます多くの人々が孤独な生活を送るようになっているそうだ。既婚率は下がり、出生率も低下している。

 このように拡大しつつある孤独は早死にするリスクを高める恐れがあるという。他人との繋がりは幸福と生存の両方にとって決定的に重要な基本的ニーズである、と米ブリガムヤング大学の心理学者ジュリアン・ホルト=ランスタッド(Julianne Holt-Lunstad) 博士は説明する。

【孤独や孤立が起因する若年死】

 つい最近、ランスタッド博士は孤独と若年死に関する2本の大規模なメタ解析研究を発表した。ここから社会的な孤立と孤独によって若年死のリスクが大きく増加するという確たる証拠が得られた。それは多くの主要な健康指標を上回るほどだという。

 2010年から始められたメタ解析では、被験者の合計が308,849名になる148本の研究が精査された。

 抽出されたデータは社会的関係・健康状態・既存の症状・死因といったもので、社会的に孤立している人と豊かな人間関係がある人との違いが定量化された。

 その結果、豊かな人間関係がある人は孤立している人よりも生存率が50パーセントも高いことが判明した。これは禁煙の効果に匹敵し、肥満や運動不足のようなよく知られるリスク因子を上回る影響である。

[画像を見る]

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年8月16日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら