ヴィクトリア時代の知られざる名書「ネコとその言語」から学ぶ、猫についての20のこと

ヴィクトリア時代の知られざる名書「ネコとその言語」から学ぶ、猫についての20のこと


 1895年という年は、優れた文学作品が多く生み出された。オスカー・ワイルド『真面目が肝心』、トマス・ハーディ『日陰者ジュード』、H.G.ウェルズ『タイム・マシン』などなど。

 だが、こうした作品に埋もれて、あまり評価されていないものの、他にも傑作はあった。アメリカのマーヴィン・R・クラークが自費出版した150ページのパンフレットPussy and Her Language(ネコとその言語)もその一つであり、猫とどうやって話したらいいかが書かれている。

【とにかく猫が大好きなので、みんなにも好きになってもらいたかった。】

 クラークがこれを書いた理由は単純だ。たいていの人が猫は傲慢なネズミハンターにすぎないと思っていた時代(中立と思われていた1828年版ウェブスター辞典ですら、猫のことを狡猾で極めて悪意に満ちた動物と定義している)、彼は大の猫好きだったからだ。

「100万の犬のうち、悪く言われるのはたった一匹だが、100万の猫のうち、いいことを言われるのは一匹もいない」とクラークは書いている。

 この本がそうした状況を変えられたらいいと思ったのだ。

 だが、クラークのやり方は少し変わっていた。自分の考えを読者に納得させるために、架空の科学者を何人か作り上げて、彼らの言葉を引用したりして、いかにも実在するように見せかけた。

 そのひとり、"偉大なるフランスの博物学者、アルフォンス・レオン・グリマルディ、F.R.S., F.G.S., M.O.S., D.H. du C., M.F.A. S., M.F.A., et al."と紹介されている人物が、本の約半分を書いたことになっている。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年8月16日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら