史上最も悪名高い10人の女ギャング

史上最も悪名高い10人の女ギャング


 暴力と犯罪にまみれたギャングといえばまず男を連想するだろう。映画のイメージなんかだと、大胆な違法行為で荒稼ぎし、豪華な邸宅に暮らす。これがギャングの典型的なイメージだ。

 だがそんな男たちが大多数である暗黒街には女ギャングも存在する。彼女たちのイメージは様々だ。中には、彼女が凶悪な犯罪を犯せるはずがないと思わせるような風貌を持ち、したたかに涙をうるませ人々の同情をかうようなタイプもいる。

 ここでは女ギャングの中でも悪名が高かった10人を見ていこう。

【ボニー・パーカー ( ボニーとクライド・アメリカ)】

[画像を見る]

 アメリカで最も有名な女ギャングであろう。死んだのはかなり昔の話であるが、その犯罪は今も語り継がれ、映画や本のテーマとして何度も取り上げられた。

 大恐慌の時代、恋人のクライド・バロウと一緒にアメリカを横断しながら、強盗(主に銀行強盗)や殺人を重ねた。行く手を遮ろうとした無数の人々を手にかけ、警察官も9人以上が殺害されたと言われている。

 ボニーとクライドの生涯はいくつものエピソードで彩られており、犯罪者だというのに2人を擁護する人たちが大勢いた。

【サンドラ・アヴィラ・ベルトラン ( 太平洋の女王・メキシコ)】

[画像を見る]

 メキシコの麻薬カルテルの女ボス。うなるほどの富を持っていたが、外部に対しては控えめな主婦のように見せていた。

 長年そうした態度を貫いてきたことが功を奏し、彼女の麻薬カルテルに疑いの目が向けられることはなかったし、警察すら彼女の存在を知らなかった。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年9月19日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら