NASA開発の特殊素材。スペースシャトルの耐熱ブロックは1204℃に熱した後でも、素手で触れることができる。

NASA開発の特殊素材。スペースシャトルの耐熱ブロックは1204℃に熱した後でも、素手で触れることができる。


 NASAは宇宙開発にまつわる新素材でもたびたび注目を浴びているが、そのNASAがかつて手がけた特殊素材のデモンストレーションの動画がネット上で話題を集めている。

 そこにはなんと1204℃という超高温で真っ赤に熱せられても、すぐに素手でヒョイっと持ち上げられる不思議なブロックが紹介されていた。

 どう見ても熱いはずなのに、なぜこんな風に触れることができるのか。

[動画を見る]Space Shuttle Thermal Tile Demonstration

【超高温になってもすぐに触れる!驚異の耐熱タイル】

 これは米フロリダ州ケネディ宇宙センターの見学ツアーで行われた実験で、この素材に感動した参加客の一人が公開したものだ。

白いブロックが特殊なオーブンで1204℃に加熱され
[画像を見る]

真っ赤になった状態でラックの上に置かれる
どうみてもヤケドどころじゃないレベルに光っているが・・
すぐにスタッフがつかんでしまった!ちょ、熱くないのかよ!

[画像を見る]

素手で唐揚げ揚げてるおっさんかよっ!
むちゃくちゃ皮膚の厚い人とか?超我慢強い人とか?

[画像を見る]

ところが誰が触っても大丈夫なようで
スタッフは恐る恐る手を伸ばすがみんな平気だったよ。

[画像を見る]

  実はこのブロック、スペースシャトルを再突入時の高温から保護した耐熱タイルと同じ素材でできているという。なお、この日は2011年7月9日で、スペースシャトルの最後のミッションだったアトランティスの打ち上げ前日だったそうだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年10月28日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら