うつ病や不安神経症と高い知能に関連性があることが示唆される(米研究)

うつ病や不安神経症と高い知能に関連性があることが示唆される(米研究)


 高い知能は心理学的・生理学的な過度激動(overexcitability)のリスク因子であり、過度激動の影響として高い知能指数と不安神経症・うつ病とに相関があることが発見された。

 これはアメリカ、ピッツァー大学の神経科学者、ルース・カルピンスキー率いる研究チームがMENSA会員3715名を対象にその心の健康を調査して得られた研究である。

 本研究は「才能ある芸術家の創作意欲を掻き立てる鋭敏な意識は、同時に深いうつ状態に引きずり込む可能性がある」ことを示唆している。

 これは非常に興味深い研究で、サンプルサイズも十分であるが、いくつか注意すべき点もある。

 第一に、IQが知能の指標であるのか明らかではない。所得が高い人々ほどIQテストで高いスコアをとる傾向があるし、さらにIQテストは勉強することができる。つまりIQテストで判定しているものは、学習可能なスキルや知識であり、そのスキルや知識を習得する能力ではないかもしれないということだ。

 第二に、MENSAの会員であるということは、思考力や世界における立場に関して内在する不安定性の指標かもしれず、ゆえにうつ病や不安神経症への傾向を反映しているのかもしれない。この場合、今回の発見は高い知能ではなく、MENSA会員と精神疾患との相関関係が発見されたに過ぎないことになる。

 第三に、サンプルはeメールで送信された調査への参加依頼に応じたMENSA会員であり、本結果は精神疾患を開示してもかまわないという意思と高IQ(あるいはMENSA会員)との相関関係でしかないのかもしれない。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年10月26日のびっくり記事
「うつ病や不安神経症と高い知能に関連性があることが示唆される(米研究)」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    本物のバカは失敗したことさえすぐに忘れるから鬱になることはないんだろう そういう意味では間違ってない研究かもしれない

    3
  • 匿名さん 通報

    東大卒業しても自殺する人いるからなー「俺は天才で世界を変えようと思ったが、社会に出てみたら単なるエリートにすぎなかった」って悲観して。オレは凡人でよかったわ。

    2
  • 匿名さん 通報

    日本ではあんまり関係なさそう 自殺率高いのはIQ高いからじゃなくて、ただプライド高いやつが多いからだと思う 要は天才は少なくて秀才が多そう。東大も今は小学生の頃から暗記ばっかりしてれば入れるんだよね

    1
  • 匿名さん 通報

    ネガティブ思考をするほど鬱になり症状が悪化する。そもそも思考放棄している人は鬱にならないのでしょう。そして思考する人ほど鬱になりやすい。

    1
  • 匿名さん 通報

    自身の存在理由を考えただけで不安になりそうw

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。