盲目の年老いたアライグマと支えあって生きていた2匹の子猫。アライグマは子猫たちに最高のプレゼントを残していった(アメリカ)

盲目の年老いたアライグマと支えあって生きていた2匹の子猫。アライグマは子猫たちに最高のプレゼントを残していった(アメリカ)


 動物たちの中には、誰に教わるでもなく、あたりまえのように弱きものを支えながら生きていくものがいる。かつて、元野良猫が盲目の犬の目の代わりになったように、ごく自然に助け合って暮らしていることがあるのだ。

 アメリカ・イリノイ州にあるエリンさんの自宅の裏庭には2009年頃から1匹のアライグマが食べ物を探しにやってきていた。どうやらこのアライグマ、目が見えないようであちこちでつまづいている。

 心配しながらその様子を毎年見守っていたエリンさんだったが、2014年、このアライグマが2匹の子猫を伴ってやってきた。子猫たちはまるでボディーガードのようにアライグマを守るようなそぶりを見せていた。

 3匹はなんとか野生で暮らしていたものの、わずか生後半年の子猫を心配した家族は2匹を保護した。本格的な冬が来る前に家に迎え入れることにしたという。

[動画を見る]Blind Raccoon and his bodyguards

【裏庭に来ていた目が見えないアライグマ】

 上の動画はおよそ3年前、3匹がトリオだった時の動画だ。これを撮影したエリンさんによると、アライグマは2009年ごろから裏庭にやってきていたという。

 そのアライグマは目がかなり不自由で、ものにつまずいたりしていた。見ていると風や背の高い草、鳥や雪にもおびえながら歩いていた。

 北米原産のアライグマは害獣ともみなされており現在はペットにするのを禁止する州も多く、エリンさんのところではブリーダーなどの有資格者しか許可されない。そのため彼女はいくら心配でもただ見守るしかなかった。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年10月27日のびっくり記事
「盲目の年老いたアライグマと支えあって生きていた2匹の子猫。アライグマは子猫たちに最高のプレゼントを残していった(アメリカ)」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    支えあってきた猫とアライグマだったのに、アライグマから猫を取り上げて半年もさみしい思いをさせていた、という記事にしか見えない。猫を保護してくれたのは素晴らしいがアライグマも何とかしてあげてほしかった

    3
  • 匿名さん 通報

    突然、子猫たちがいなくなって アライグマは、寂しい思いをしながら死んでいったんですね。

    0
  • 匿名さん 通報

    人間が勝手に猫を捕獲しなければ、アライグマと猫とで仲良く天寿をまっとうしたろうに…

    0
  • 匿名さん 通報

    おそらく子猫達は、すり込みでアライグマを親だと思っていたかも。酷い事するエリンギさんだ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら