人の気分を変える”マインドコントロール”AIチップの脳移植実験が開始される(米国防高等研究計画局)

人の気分を変える”マインドコントロール”AIチップの脳移植実験が開始される(米国防高等研究計画局)


 米国防高等研究計画局(DARPA)はAIを脳に移植して人の気分を制御する実験を開始した。

 この”マインドコントロール”AIチップは、電気パルスを放ち、「脳深部刺激」と呼ばれる方法で脳の化学的性質を改変するものだ。完成すれば、精神疾患の治療やセラピーにも用いられる。

【極小のワイヤーを脳に移植、電気で刺激し気分を変える】

 脳深部刺激を行うためには、まず先端に電極が設けられた極小のワイヤーが脳に移植される。ワイヤーは耳の裏から皮膚の下を通り首まで伸びたエクステンションに接続。

 電極によって高周波数のショックを標的の脳領域に与えると、脳内の電気信号の一部が変化し、振る舞いや運動が変化するという仕組みだ。
 
 これまで脳深部刺激はパーキンソン病などの運動障害の治療に用いられてきたが、気分障害の治療には用いられていなかった。

[画像を見る]

【気分障害を検出するAIアルゴリズム搭載チップを開発】

 AIチップを開発するのは、米国防高等研究計画局(DARPA)である。カリフォルニア大学とマサチューセッツ総合病院の研究者が協力しており、気分障害に関連する活動パターンを検出できるAIアルゴリズム搭載チップが設計された。

 パターンが検出されると、患者の脳にショックを与え、健全な状態に戻す。

 カリフォルニア大学の神経科学者エドワード・チャン氏は、今回の技術が素晴らしい点は、史上初めて脳に窓を作り、発作が起きた時の脳の状態を把握できるようになったことだという。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年12月1日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら