インディアン「ナバホ族」が治療の儀式を行っている約100年前の写真をカラー化

インディアン「ナバホ族」が治療の儀式を行っている約100年前の写真をカラー化


 アメリカの南西部に先住するインディアン部族「ナバホ族」は、およそ100年前、「ナイト・チャット」と呼ばれる治療の儀式を行っていた。

 患者はサウナのようなものに入り、部族の神話に出てくる神々の扮装をした呪医が儀式を執り行う。この儀式は9日間続けられ、患者は呪医にサウナで定期的に汗をかくよう指導される。

 これらの写真は、1904年から1905年の間にエドワード・S・カーティスが撮影したもので、北フランスのアンジェ出身のフレデリク・デュリーズ(53)によってカラー化されたものだ。

【20世紀初頭のナバホ族の治療儀式「ナイト・チャント」】

 20世紀年代初頭、エドワード・S・カーティスはアメリカ先住民文化の記録を残すために、20年以上を費やして北米インディアンの文化を写真におさめて記録した。財政家J・P・モルガンがその費用の7万5000ドルを出資したという。

 これら一連の写真は、ナバホ族の治療儀式「ナイト・チャント」をとらえたものだ。

 儀式はとても神聖なものなので、カーティスはその儀式を撮影するのは気が進まなかったが、ナバホ族は積極的に協力し、男性たちは部族の神話に出てくる精霊の衣装を身にまとい、儀式を再現してくれたという。

[画像を見る]
英語でモンスター・スレイヤー(右)、ボーン・オブ・ウォーター(中央)として知られる聖なる双子。神話によると、彼らはホワイト・シェル・ウーマンの子どもたちで、最初の人間。人類を脅かし、頭の皮を剥いでいたモンスターを退治してまわっていたという。彼らはザ・ベガー(左)という神を同伴していた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年12月23日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら