アメリカで致死的ウイルスの開発が解禁される

アメリカで致死的ウイルスの開発が解禁される


 アメリカ合衆国では3年前から病原菌を改変して致死率を上げる研究に対して補助金を交付することを禁じていたが、この度それが解禁となった。

 そのリスクを正当化できるメリットがある場合のみに限るが、今後は恐ろしいウイルスを生み出し、その研究も行うことができるということだ。
【健全な研究であること、安全対策が万全であることが条件】

 もちろんやみくもに危険なウイルスを作ってよいというわけではない。こうした研究を行いたい者は、調査委員会に対して研究内容が科学的に健全で、高度なセキュリティを備えた実験施設で行われることを証明しなければならない。

 また改変の対象となる病原菌は深刻な健康被害を与えるもので、その研究はワクチン開発など、人類に貢献するものでなければならない。さらに研究は最高の安全対策を施した上で遂行されなければならない。

「厳格な方針だと考えています。きちんと守られることを願います」と米国立衛生研究所(NIH)所長のフランシス・S・コリンズ博士は語る。

[画像を見る]

【危険性が高いことから補助金交付が禁止されていたウイルス改変研究】

 2014年10月、インフルエンザウイルス、MERSコロナウイルス、SARSコロナウイルスの3種を改変し、更に危険にする研究に対して、連邦政府の補助金を交付することが禁止された。

 しかし新しい法令は、大流行を引き起こす可能性があるものも含め、あらゆる病原菌に適用される。例えば、空気感染するエボラウイルスを作成したいという出願にも適用されるのだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2017年12月23日のびっくり記事
「アメリカで致死的ウイルスの開発が解禁される」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    バイオハザードが現実になる。

    0
  • 匿名さん 通報

    復活の日が現実になる。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら