人間は十月十日(とつきとおか)と言うけれど、動物たちの妊娠期間ってどれくらい?10種の動物たちの妊娠期間を比べてみた

人間は十月十日(とつきとおか)と言うけれど、動物たちの妊娠期間ってどれくらい?10種の動物たちの妊娠期間を比べてみた


 哺乳類の動物たちは、一般的に、卵ではなく子を産み、生まれた子どもに乳をやって育てる(カモノハシのような例外もあるが)。といっても、ネズミからゾウまで、見た目も大きさも様々ならば、妊娠期間もまた様々だ。

 人間の場合十月十日(とつきとおか)と言われており、実際には平均で266日、9ヶ月弱である。これでも結構長い期間だなとおもうわけなんだが、1年以上胎内で我が子をはぐくんでいる種もあるようだ。

 また逆に、あれ?気づいたら生まれちゃってた!ってことになりそうな位、妊娠期間の短い種も。

 ここでは、特に目だった妊娠期間を持つ動物10種を紹介していこう。
【1. ゾウ:640~660日(20ヶ月強)】

[画像を見る]

 平均で95週間、2年弱、人間の倍以上の期間だ。メスのゾウが一生の間に4頭以上の子を持つことが稀であるというのも、この妊娠期間を考えれば頷けるだろう。

【2. カバ:8ヶ月】

[画像を見る]

 巨大な身体を持つカバだが、胎内で子を形成するのにかかる時間は人間よりも短いのだ。

【3. キリン:14~15ヶ月】

[画像を見る]

 キリンの新生児の体長は180cm前後、体重は68kg以上になることもある。また、立ったまま出産するので、子どもは2メートルほど下の地面へ、文字通り「産み落とされる」のだ。

【4. シャチ:17ヶ月】

[画像を見る]

 17ヶ月という長い期間の後にこの世に現れるのは、体長約260cm、体重約120kg~160kgの巨大な「赤ちゃん」だ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年1月6日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。