お会計をしないので万引き気分。全自動コンビニ「アマゾン・ゴー(Amazon GO)」について知っておくべき5つのこと」

お会計をしないので万引き気分。全自動コンビニ「アマゾン・ゴー(Amazon GO)」について知っておくべき5つのこと」


 2018年1月22日、通販大手Amazonは、アメリカ、ワシントン州シアトルでレジのないコンビニエンスストア「アマゾン・ゴー(Amazon GO)」を実験的にオープンさせた。

 買い物客が手にした商品を追跡するシステムを備えており、料金は携帯アプリに自動的に課金される。一号店が成功すれば、今後続々と出店ラッシュが見込まれることだろう。

 すでに世界で注目を集めているが、この新体験について知っておくべき5つのことがまとめられていたので、日本に導入された場合の参考にすることにしよう。

【1. アプリがないと入店できない】

[画像を見る]

 アマゾン・ゴーの入り口はよくあるコンビニの入り口とは違う。入り口には駅の改札のようなゲートが設えられており、ここを通過するには携帯にアマゾン・ゴー専用アプリをダウンロードし、そのコードを読み取らせなければならない。

[画像を見る]

 入店すると、顧客が手にした商品はAIシステムが追跡する。それらはアプリの仮想ショッピングカートに追加され、店を出ると自動的に課金される。

【2. レジがない。レジに並ぶ必要もない】

[画像を見る]

 レジで会計をする必要がないのでレジがない。ショッピングカートもない。ただ欲しい物をバッグに入れて、そのまま外に出るだけだ。

 アマゾン・ゴーはスーパーではなくコンビニなので、ショッピングカートが必要になるほど大量に買い物したりはしないだろう。また会計をする必要がないので、当然レジ待ちの行列に並ぶ必要もない。買い物はすべてアプリが追跡しているから、商品を手に持って外に持ち出せばいい。店舗から出ると、数分後に電子レシートが送信されてくる。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年1月25日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。