5000年前、人類は牛の頭蓋骨に穴を開け、脳外科手術を行っていた(フランス研究)

5000年前、人類は牛の頭蓋骨に穴を開け、脳外科手術を行っていた(フランス研究)


 今から5000年前、人類は石器を使って牛の頭蓋骨に穴を開けていた。これは最も古い脳外科手術の事例ではないかと言われている。

 手術の時、牛が生きていたのかどうかは不明だ。だが、もし生きていたのだとしても、頭蓋骨に治癒の形跡が見られないことから、長くは持たなかったと考えられる。

 手術の意図については謎が残る。だがトレパネーション(穿頭術)が、牛を救うためになされたのだとすれば、最古の獣医学的手術の証拠にもなるだろう。

 あるいは新石器時代の人間が、人間に試す前に、牛でトレパネーションの練習をしていたという可能性もある。

 牛の頭蓋骨は1975~1985年にフランス西部にあるヴァンデ県シャンデュラン遺跡で実施された発掘調査で見つかったものだ。解析結果によれば、紀元前3400~3000年のもので、大人の牛であるという。

[画像を見る]
ウシの頭蓋骨の3Dデジタル画像。この不可解な穴は、新石器時代のトレパネーションの証拠と思われる。左のスケールバーは10センチを表わす


 最初にこれを目にした学者は、別の牛によって開けられたのだと考えた。それは6.4×4.6センチあり、実に奇妙な代物だった。

 フランス国立科学センターのフェルナンド・ラミレス・ロッジ博士によって2回目の調査が行われたのは2012年のことだ。

 「一目見て、牛のツノで貫かれたのではなく、トレパネーションだと思いました」とロッジ博士は話している。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月25日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。