ナルシスト(自己愛性パーソナリティ障害)が獲物を釣り上げる時に使う7つの手口

 四六時中お世辞を言ったり、高価な贈り物をくれたり、休みにはデートにも誘ってくれるだろう。

 現実には、その相手は白馬の王子さまやお姫様などではなく、ただあなたを釣り上げようとしているだけの輩だ。

 あなたを利用するために、心理学でいう「愛のバクダン」というテクニックで、あなたを魅了する。あなたを世界で一番重要な人物であると感じさせてくれるような人が、運命の人物に思えるなら、それは彼らが完璧だからだ。

 関係があまりにも早く進展するようなら、そのパターンにはまっているかもしれない。出会って数週間のうちに愛を告白し、あなたは運命の人だと打ち明けてくるようならば、そしてそれであなたが落ち着かない思いをするならば、その愛情には良からぬ企みがあるのかもしれない。

【2. 捕食者(Predator)】

 ナルシストはいつもターゲットを探している。彼らは利用できる弱い人物が必要なことを分かっており、獲物を探す「捕食者」と同じだと言える。

 彼らは魅了して罠にはめられそうな相手を探すことが非常に得意だ。その相手は利用価値が高く、かつ脆弱でなければならない。ゆえにしばしば自信がなく、自尊心の低い相手がターゲットとなる。

 彼らには他人の世話を進んで焼こうとするところがある。家族や友人、あるいはキャリアに情熱を注ぐこともあり、はたから見る分には非常に好ましい性質に思えるだろう。

 またナルシストは、あなたと会話を交わす前からあなたのことをよく知っているかもしれない。SNSなどで調べたり、ストーカー行為をしたりして、話しかける前に獲物としてのあなたを値踏みしているのだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年4月30日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。