写真から漂う絶妙な違和感。写真を合成して工事現場を視察しているそぶりを装うブラジルの市長がさらにコラ化

写真から漂う絶妙な違和感。写真を合成して工事現場を視察しているそぶりを装うブラジルの市長がさらにコラ化


 以前、ロシア・サンクトペテルブルクのプリモルスキー地区行政がフォトショップで道路整備をするという斜め上の発想力を披露してネット民を沸かせたことがあった(関連記事)。

 フォトショップの新たな活用法ってことでいいのか!?と驚いたわけだが、ブラジルでも同じようなハプニングが発生したようだ。

 超話題になっているのはリオグランデ・ド・スル州アウボラーダ市のアマラル(Jose Arno Appolo do Amaral)市長が市内の工事現場を視察した際の写真だ。

 あまりにもフォトショップ感が溢れるその写真にネット民は大盛り上がりで、全力でコラ祭りへと突入してしまっているみたいだよ。
【周囲の風景から浮きまくっているアラマル市長】

[画像を見る]

 注目の写真はアウボラーダ市の公式フェイスブックに投稿されたもので、視察の時の詳細なレポートも添えられていた。

 しかしそれを見たフェイスブック民は、この写真の違和感に気が付く。

 道路に立って工事現場の方を向いているアラマル市長ら3人の距離感がちょっとおかしい。若干2名、周囲の風景から浮きまくっている。

[画像を見る]

 あっ、これ合成やん!

 市長らは、実は現場にいたわけではなく、現場にいた風を装って後から撮影した自分たちの写真を現場写真と合成していたようなのだ。

 この絶妙な違和感写真は瞬く間にネットミームとなり、コラ画像が大量に作られるお祭り騒ぎとなった。

 ついにはアラマル市長の...続きを読む

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年4月29日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。