R.I.P. 世界最高齢のクモ「ナンバー16」が、43歳で亡くなる(オーストラリア)※クモ出演中

R.I.P. 世界最高齢のクモ「ナンバー16」が、43歳で亡くなる(オーストラリア)※クモ出演中


 「ナンバー16」との愛称で呼ばれていた世界最高齢とされるクモが逝去(享年43歳)した。死因はハチに刺されたからだそうだ。

 亡くなったメスのギアウス・ビロサス(Giaus Villosus)は、日本では一般にトタテグモと呼ばれる種で、西オーストラリアでの長期的個体数調査のために野生での暮らしを観察されてきた。

 トタテグモの平均寿命が20歳ほどというから、その倍以上も長生きしたことになる。

【知られている中で世界最高齢のクモ】

 「知られている限りでは、記録上最高齢のクモです。その際立った生涯のおかげで、私たちはトタテグモの生態や個体数動態に関する調査を進めることができました」とカーティン大学分子生命科学研究科博士課程の学生リアンダ・メイソン氏は話す。

[画像を見る]
43歳で亡くなった「ナンバー16」の愛称で知られているトタテグモ

 トタテグモの大半が20年程度しか生きないことを考えると、43歳のナンバー16はとんでもなく長生きだったことが分かる。

 長寿の要因は、あまり動き回らなかったこと、代謝の低さなどがあげられるという。また、自然な状態の低木林地に生息していたことも要因の1つだ。

 トタテグモは原始的なクモ類で地下で生活する。地面に穴を掘り、トンネル状の巣を作る。巣の入り口に虫を閉じ込めるための扉をつけることからその名がついた。

【平均的なクモの寿命】

 他の一般的な種だとさらに短く、クロコケグモなら2年、ドクイトグモなら4年、コモリグモなら1年未満だ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年5月2日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。