仕事中にインターネットの私的利用をしても、生産性の低下にはつながらないとする研究結果(米・イスラエル研究)

仕事中にインターネットの私的利用をしても、生産性の低下にはつながらないとする研究結果(米・イスラエル研究)


 ひょっとして今、仕事中にこの記事読んでたりなんかする?

 でも仕事中の暇なとき、退屈な時のネットサーフィンはちょっとした息抜き程度ならアリかもしれないといううれしい研究結果が報告された。
 
 勤務中におけるインターネットの私的利用はいわゆるサボりとみなされることが多いが、最新の研究によると、それほど問題視する必要はないのかもしれない。

【インターネットの私的利用と退屈に関する調査】

 イスラエル、ハイファ大学と米サウスフロリダ大学の研究者は、勤務中の私的なネット使用が仕事の生産性を低下させるのか、あるいは職場でやることがあまりなく退屈していることに対する反応なのかどうか調査した。

 「勤務中に退屈を感じる理由やその結果についてはよく分かっていません。例えば、人が退屈していると仕事にどの程度悪影響があるのでしょうか? 勤務中の退屈が有害ならば、それに対処する手軽な方法はあるのでしょうか?」と心理学者のシャニ・ピンデク博士は話す。

 研究チームは米国南東部にある公立大学のフルタイム従業員463名にアンケート調査を依頼した。アンケートは仕事中にどのくらい退屈しているか、勤務中にネットを私的に使用する頻度、仕事量、ネット以外の生産性を低下させるだろう行為(例えば、備品を盗む・無駄にする)を行う頻度などを質問した。

[画像を見る]

【退屈したとき、仕事が暇なとき、インターネットを見る】

 その結果、退屈と仕事量の少なさのどちらも、勤務中の私的ネット使用と相関していることが判明した。また仕事量の少なさは生産性を低下させる行為とは関連していなかった。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年5月24日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。