カブトガニはもう無駄に青い血を流さなくてよいのだ。カブトガニの採血が段階的に廃止されることが明らかに(アメリカ)

カブトガニはもう無駄に青い血を流さなくてよいのだ。カブトガニの採血が段階的に廃止されることが明らかに(アメリカ)


 2億年以上も前からその姿を変えずに現在まで生きいるカブトガニは、その青い血液が細菌汚染を確かめる検査に有効であるとし、毎年アメリカでは約50万匹もの生きたカブトガニが捕獲され、その過程で30%が死に至る。

 乱獲が進み個体数が急速に減少しているカブトガニだが、ようやく救いの手が差し伸べられた。

 アメリカの大手製薬会社、イーライリリー・アンド・カンパニー社はカブトガニの血液の代わりに、合成化合物の使用を開始したと発表した。

【カブトガニの血液の代わりに合成品の使用を開始】

 現在イーライリリー・アンド・カンパニー社は、工場2ヶ所にある研究所内で水を検査するため、カブトガニから採取した血液の代わりに、合成品の「組み換え型ファクターC(recombinant Factor C/rFC)」の使用を開始した。

 rFCが流通するようなったのは2003年のことであるにもかかわらず、現在に至るまで普及はしていなかった。なので15年間、代替品があるにもかかわらずカブトガニは血液を採取され続けてきたのだ。

 これまで、カブトガニの血液に含まれる凝固タンパク質は細菌汚染に反応するため、ワクチンや薬剤の安全性を保つために使われてきた。

 細菌内毒素は命にかかわるような発熱や毒素ショックを引き起こすため、米食品医薬品局は薬品の原料や最終製品に汚染検査を行うことを義務付けている。

・人類の命を救う。カブトガニの青い血の採取工場を訪ねて。 : カラパイア

[画像を見る]

【血液を採取されたカブトガニの30%が命を落とす】

 カブトガニの血液は1970年代後半にウサギの血液に代わって採用された。

 今では毎年50万匹ものカブトガニが捕獲され血液が抜き取られており、その過程で30%が死ぬと言われている。

 血液を抽出した後は自然に放さねばならないが、それでも抽出のストレスによって多くの個体が命を落とす。


【乱獲により個体数が減少】

 10年前、ニュージャージー州はカブトガニ捕獲に対するモラトリアムを設定したが、付近の他州では相変わらず釣り餌として利用し続けたため、個体数の回復には至らなかった。

 カブトガニの卵の密度は、1990年代初頭の1平米当たり8万個から現在の8000個にまで激減した。

[画像を見る]

【カブトガニの減少が生態系に悪影響を及ぼす】

 カブトガニの現象は生態系に悪影響を及ぼしていた。デラウェア湾頭のカブトガニの卵をついばむ渡り鳥のコオバシギの個体数も約75パーセント減少し、現在も減り続けているのだ。

[画像を見る]
コオバシギ image credit:Chuck Homler d/b/a Focus On Wildlife
 この時期、コオバシギは南アメリカから16000キロ離れた北極の繁殖地を目指すが、そのエネルギー補給としてカブトガニの卵を食べて繁殖シーズンに備える。

 カブトガニの卵に頼る渡り鳥はコオバシギの他にも数種存在する。

 非営利団体ニュージャージー・オーデュボンの代表であるエリック・スタイルズ氏によると、デラウェア湾頭は、海岸に生息する鳥にとって世界で五指に入る重要な場所だという。

 そこに生息する生物多様性とそれらが食べる餌を守れるかどうかは、私たち人間にかかっているのだ。

References:pressofatlanticcity

記事全文はこちら:カブトガニはもう無駄に青い血を流さなくてよいのだ。カブトガニの採血が段階的に廃止されることが明らかに(アメリカ) http://karapaia.com/archives/52260371.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年5月31日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。