腸は「第二の脳」は本当だった。腸内のニューロンが結腸を動かし排便活動につながることが判明(オーストラリア研究)

腸は「第二の脳」は本当だった。腸内のニューロンが結腸を動かし排便活動につながることが判明(オーストラリア研究)


 脳の監視がなくても機能できる唯一の臓器と言われている。

 これまで、数々の研究が、腸は「第二の脳」であることを示していたが、世界で初めて、腸内で、排便の際に生じるはっきりとしたニューロン発火のパターンが観測された。

【マウス実験で排便時のニューロン発火活動パターンを観測】

 第二の脳と呼ばれる「腸神経系」は、無数の神経細胞ネットワークの網目であり、消化管の制御を助けている。

 マウスを対象とした最新の研究では、その”脳細胞”が結腸に用を足させるために発火する様子を捉えた。

 「この発見により、これまで明らかではなかった末梢神経系のニューロン活動パターンが特定されます」とオーストラリア・フリンダース大学のニック・スペンサー氏は説明する。

[画像を見る]

【脳と会話する腸】

 腸神経系は、脳と脊髄で構成される中枢神経系から分けられているという意味で”末梢”だ。

 中枢神経系は身体活動の大半を制御・調整するが、第二の脳も怠け者などではなく、中枢神経系とコミュニケーションを図るだけでなく、腸神経系が消化管による自律的な制御を手助けしている。

 「文字通り脳」と話すスペンサー氏は、進化の観点からはむしろ第一の脳とみなしうると考える研究があることを指摘する。

 「消化管には、固有の完全な神経系を備え、脳や脊髄から完全に独立して機能する唯一の内臓であるというユニークな特徴があります」

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年6月6日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。