3匹の子猫、生まれて初めてヤギに出会う。猫とヤギの共同生活がはじまった。(アメリカ)

3匹の子猫、生まれて初めてヤギに出会う。猫とヤギの共同生活がはじまった。(アメリカ)


 断熱材の中に産み落とされ育児放棄されていた3匹の子猫たちは、縁あってアメリカ・メイン州の農家に引き取られた。

 チクチクする断熱材のせいで目も開けられなかった3匹だが幸いにもみんな元気になった。

 そして彼らはヤギたちが暮らす納屋で一緒に暮らすことに。初めてヤギを見る子猫たち。ヤギたちも猫に興味津々。これからヤギと猫の共同生活が始まるのだ。

[動画を見る]Three kittens and a herd of goats

【3匹の子猫、生れてはじめてヤギと出会う】

 この動画は今年6月9日にメイン州カンバーランドの農家、サンフラワーファームクリーマリーに迎えられた3匹の子猫の様子を撮影したものだ。

 区別がつかないほどよく似た毛色の子猫たち。それもそのはず、彼らは同じ母親から生まれた3兄弟で、名前はボブ、ジョージ、エドという。

[画像を見る]

【目が開けられずに保護された3匹】

 3匹を一家に紹介したのは、保護動物の養母であり彼らと長年の付き合いがある女性だった。彼女によると、彼らは別の家の断熱材の中で見つかったという。

 野良猫とおぼしき母猫は育児放棄したらしく、小さな子猫たちはチクチクする断熱材のせいで目をギュッと閉じたまま保護された。

 だが、幸いにも元気になった3匹はこの農家で新たな猫生を歩むことになり、たくさんのヤギたちがいる納屋で暮らすことになったのだ。

【ヤギも猫に興味津々。猫とヤギの共同生活がスタート】...続きを読む

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年7月13日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。