チェシャ猫みたいな愛くるしさ。唯一無二の笑顔で大人気となった過蓋咬合のある猫「ウォルフィ」の物語(アメリカ)

チェシャ猫みたいな愛くるしさ。唯一無二の笑顔で大人気となった過蓋咬合のある猫「ウォルフィ」の物語(アメリカ)


 普通にしていても歯がこぼれる。
 牙チラはデフォルトのこの猫の名はウォルフィと言う。

 アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスで子猫の時に保護された元野良で、生まれつき過蓋咬合がある。

 だが、その唯一無二の笑顔のおかげでSNSで人気者となった。ウォルフィはただ過蓋咬合があるだけの猫ではない。

 彼と妹のフォクシーは、救出当初非常に危険な状態にあり、助かる見込みはないと言われていたが、奇跡の回復力で驚きの復活を成し遂げたのだ。

【3匹の猫を保護したももの...】

 ジャクリーン・サンチャゴさんはホームレスに家を提供する仕事をしていたのだが、その最中、たくさん野良猫を目にしたことがきっかけで、動物保護施設、フレンズ・フォー・ライフ・レスキュー・ネットワークを立ち上げた。

 2017年12月18日、ジャクリーンさんの同僚の1人が住居建物の裏に子猫が3匹いるのを見つけた。どうにか3匹全員を捕獲することができたが、3匹ともすごく小さく弱っていた。

 そのうちの1匹、ベアは、病院で緊急処置を施したが、その日の晩を生きることができなかった 残りの2匹、ウォルフィとフォクシーも脱水症状を起こしていた。

ウォルフィとフォクシー
[画像を見る]

【絶望的な状態にあったウォルフィ】

 フォクシーは700グラム、ウォルフィにいたっては400グラムしかなかった。どちらも体が冷えて、お腹を空かせていた。ジャクリーンさんは甲斐甲斐しくも2匹に飲み物と食べ物、それからノミ防止の薬を与えて、あとは温めた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年7月6日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら