ゴミ屋敷でゴキブリが大量発生。家丸ごと燃やす処置(アメリカ)※ゴキブリ出演中

ゴミ屋敷でゴキブリが大量発生。家丸ごと燃やす処置(アメリカ)※ゴキブリ出演中


 「汚物は消毒だぁッ」と火炎放射器片手に暴れる世紀末はとっくに過ぎてしまったが、アメリカである廃屋を徹底的に焼き尽くす動画が話題になっている。

 しかも火をつけたのは地元の消防士。ってちょっとアレな話か?と思いきや、実はこの家は放置されるうちにゴキブリ繁殖ハウスとなり、どんな駆除法も効かないため丸ごと焼却することになったのだ。

 ネットを巡り海外掲示板をにぎわしているこの映像。地元の消防が全面協力した害虫駆除の様子がこちらだ。

[動画を見る]Roach House Burn

【食品も放置してた廃屋がゴキブリ屋敷に!】

 一応言っておくとこれはフィクションではなく、2010年にイリノイ州クリスチャン郡パナ市で実際に行われたゴキブリ駆除の様子だ。

 問題の家はサウス・メープル通りに面した空き家で、かなり長い間放置されていた。

[画像を見る]

 かつての家主の情報は不明だが、その人物は家具や生活用品もそのままにして立ち去ったらしい。

 それだけならまだ良かった。しかしその中には汚れたままの食器や古くなった食べ物も含まれていた。

 つまりゴキブリにとって理想的な環境が整っていたのだ。

[画像を見る]

【近隣住宅にも侵入。一般的な駆除も効果なし】

 屋内では安住の地で爆発的に繁殖しまくったゴキたちが、あらゆるものを占拠していた。しかもそのうち餌が尽きたのか、近隣の家にも入り込み荒らし回るようにもなっていた。

[画像を見る]...続きを読む

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年7月11日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。