誰よりも先に火星に行きたい。火星有人着陸、最初の人類になるべくNASAで訓練を受ける17歳の少女(アメリカ)

誰よりも先に火星に行きたい。火星有人着陸、最初の人類になるべくNASAで訓練を受ける17歳の少女(アメリカ)


 子供の頃、将来何になりたいと願っていただろうか?
 また、その夢を実現させたであろうか?

 アメリカの17歳少女、アリッサ・カーソンは、子供の頃、テレビで宇宙旅行マンガを見たことがきっかけで、生涯をかけて達成する目標が決まった。

 そして3歳のときに、アリッサは父親に言った。「パパ、宇宙飛行士になって、火星に行くメンバーのひとりになりたい」

 それ以来、アリッサはこの子供の頃の夢を実現させるべく、火星へ行くための訓練を行っている。

 アメリカでは2033年までに人類を火星に送る計画が進められている。その時アリッサは32歳。赤い惑星へと飛び立ち、そこで人類がコロニーを作って生きていくための手助けをするつもりだ。

 ルイジアナ州ハモンドに住む17歳のアリッサは、『Sing×3♪ぼくら、バックヤーディガンズ!』というアニメを見て以来ずっと、宇宙に恋焦がれている。

 このマンガは5匹の動物の友だち同士が裏庭で想像上のアドベンチャーに出かけるというもので、その中に火星へのミッションも含まれている。

[動画を見る]
Sing×3♪ぼくら、バックヤーディガンズ!: 海賊の宝 - Ep.1

 このアニメがアレッサの夢を実現する生涯の目標の誕生につながったのだ。

【精力的に訓練を受け、知識を得るアリッサ】

 アリッサは知識を得るため、セミナーや一般向けイベントに参加して、科学、技術、エンジニアリング、数学の世界に関わろうとしている。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。