野性味ゼロのわがままボディ。もはや「太った大型猫」状態のシベリアトラ(中国)

野性味ゼロのわがままボディ。もはや「太った大型猫」状態のシベリアトラ(中国)


 昨年2月初旬、中国のSNS上で拡散されたのをきっかけに、その後もしばしば海外ネット民の間で話題になるシベリアトラの写真がある。

 上位捕食者であるトラの勇猛でかっこいい姿かと思いきや、もはや「太った大型猫」という方がぴったりの状態で横たわっている姿が写し出されている。

 拡散され始めた当初、春節(中国の旧正月)の時期だったこともあり、「春節でご馳走を食べすぎたんじゃないか?」と冗談をいう中国人が続出したほどのわがままボディで、トラというよりも「フトラ」。

【狩りを忘れたわがままボディのシベリアトラ】

 アムールトラとも呼ばれるシベリアトラは、ネコ科で最大の肉食動物だ。

 ロシア東部の森林地帯のほか中国や北朝鮮に生息し、オスだと全長2.5m、体重300kgにも達する。

 本来であれば優秀なハンターであるはずだが・・・まるまると太った愛らしい姿では何も狩れそうにないな。

[画像を見る]

【中国のシベリアンタイガーパークで激写!】

 これらのシベリアトラが撮影されたのは、中国・黒龍江省ハルビン市にある「シベリアンタイガーパーク(東北虎林園)」。

 面積144万平方メートルを誇る自然保護区で、世界最大のシベリアトラの人工飼育繁殖基地といわれている。

 集中的な保全努力が実り、2016年には90頭以上の赤ちゃんトラが誕生。現在、500頭以上のシベリアトラを飼育しているという。

 かわいくておもしろい一方でこんなに太っていて健康面に問題はないのかと心配になるが、パーク側は

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。