木星の衛星が新たに12個見つかる。その中の1つが変わり種だった。

木星の衛星が新たに12個見つかる。その中の1つが変わり種だった。


 太陽系においてその大きさで圧倒的存在感を誇る木星だが、新たに12個もの衛星が発見されたそうだ。その1つはかなりの変わり種だ。

 カーネギー研究所のスコット・シェパード(Scott Sheppard)氏らのチームは、存在が噂されるプラネットナインを捜索している最中、木星を周回する12個の衛星を発見した。

 この発見により、これまでに判明した木星の衛星は太陽系随一の79個に達することになった。

【新たに発見された木星の12の衛星、うち1つは異端】

 カーネギー研究所の声明によれば、新たに発見された12個のうち、11個の衛星はいたって普通のものだ。だが12個目は「本当に変わり種」と表現され、ユニークな軌道を持ち、大きさも直径1キロ以下と既知の木星の衛星の中では最も小さい。

[画像を見る]
チリ、ラスカンパナス天文台の6.5メートル級マゼラン望遠鏡で2018年5月撮影。線は変わり種衛星を示す


【偶然発見された】

 2017年春、研究チームは冥王星の向こうにあるプラネットナイン(陽系外縁に存在すると提唱されている大型の天体:天王星型惑星))を捜索していた。

 その観察範囲の中にたまたま木星が入り込んだ。これが新衛星発見のきっかけとなった。

[画像を見る]

【発見された衛星の軌道】

 発見された衛星のうち9つは逆行軌道で、木星の自転と逆方向に公転している。これらの衛星は、木星の遠方を逆行で公転するグループの仲間だ。じつは以前に発見された67の衛星のうち、最も外側にある33の衛星は逆行軌道を持つものだ。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。