あの巨大な黒い石棺の蓋がついに開けられる。中に眠っていたものとは?(※開放注意)

あの巨大な黒い石棺の蓋がついに開けられる。中に眠っていたものとは?(※開放注意)


 先日お伝えした2000年以上前のものと思われるエジプト、アレクサンドリアで発見された巨大な黒の石棺だが(関連記事)ついにその蓋が開かれた。

 石棺の発見が発表された当時、蓋を開けると呪いが解き放たれるのでは?という噂が流れた。中にはアレクサンドロスの遺体が眠っているのでは?という噂もあった。

 そんな噂をよそに、着々と開放作業が行われ、ついにその中身が暴かれた。

 それが呪いなのかどうかはわからないが、作業員たちに一種の苦しみがもたらされたことは確かだ。
 
 中に入っていた赤黒く濁った汚水が、とてつもない悪臭を放ったからだ。
【石棺の中から発見された3体の兵士の遺骨】

 公開された写真からは、石棺が汚水で満たされていたことが分かる。

[画像を見る]

 石棺の中からは、汚水に漬かるような形で3体の骸骨が発見された。19日に発表されたエジプト考古省の声明によると、兵士の遺体と推測されるようだ。

[画像を見る]

 遺骨の解析は現在も実施中であるが、これまでの結果は、そのうち1体が矢傷を受けていたことを示唆している。

[画像を見る]

 今のところ石棺の外部と内部からは碑文や装飾の類は発見されていない。また(仮にあったのだとして)遺体と一緒に埋葬された副葬品の種類も不明だ。
 

【未開封と思われる謎の巨大な黒い石棺】

 石棺は長さ2.7 × 幅1.5 × 高さ1.8メートルとアレクサンドリアで発見されたものとしては最大で、その大半を覆う分厚いモルタルの層と一緒に発見された。このことから埋葬後に石棺が開けられたことはないと推測された。ただし正しいかどうかは不明である。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。