恐竜の新種発見。アメリカ・ユタ州でアジアと北アメリカをつなぐ陸橋を渡った7600万年前の恐竜の化石が発見される

恐竜の新種発見。アメリカ・ユタ州でアジアと北アメリカをつなぐ陸橋を渡った7600万年前の恐竜の化石が発見される


 アメリカ・ユタ州で、体高1メートル、体長4メートルの恐竜、鎧竜(曲竜類)の新種が発見された。

 砂漠で発見されたアカイナセファルス・ジョンソニ(Akainacephalus johnsoni)は草食で、7600万年前にアジアと北アメリカをつないでいた陸橋を歩いて渡ったと考えられている。

 白亜紀後期の恐竜で、北アメリア西部で発見されたものとしては最古の鎧竜の標本である。またアンキロサウルスの仲間の最も完全な骨格でもある。

 化石は、グランド・ステアケース=エスカランテ国定公園の砂漠からユタ大学の研究者によって発掘された。

【新たに発見された草食恐竜「アカイナセファルス・ジョンソニ」】

 新しく見つかった化石は、北アメリカのアンキロサウルス科の仲間とは似ておらず、むしろ頭蓋骨と口先をトゲのある鎧が覆っていたアジアの種に近い。

 アジア系アンキロサウルスは、北アメリカの種に比べると頭蓋骨を覆うトゲがいっそう突き出ているという特徴がある。

[画像を見る]
アンキロサウルスを再現したイメージ

【7700万年前にアンキロサウルスの仲間がアメリカに進出】

 アンキロサウルスが登場したのは1億2500万年から1億年前のアジアにおいてであるが、その仲間が北アメリカ西部に進出したのは7700万年前のことだ。

 当時見られた海面の低下のために、アンキロサウルスはアジアから陸橋を渡って北アメリカに移住できたのだと考えられている。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年7月24日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら