約5300年前のミイラ、アイスマン(エッツィ)の胃袋の中を探った結果、昔から人類はこってり系が好きだったことが判明

約5300年前のミイラ、アイスマン(エッツィ)の胃袋の中を探った結果、昔から人類はこってり系が好きだったことが判明


 1991年、イタリアとオーストリア国境のエッツ渓谷の氷河で見つかった、約5300年前の男性のミイラアイスマン、別名エッツィ。

 調べれば調べるほど銅器時代の人々の生活に対するわたしたちの概念を変えてくれる。

 最近の徹底的な分析から、エッツィが最後に何を食べたのかわかっただけでなく、5000年以上前から人類は脂肪分の多いこってり系の食べ物が大好きだったらしいことが判明した。

【人類の歴史を教えてくれるエッツィ】

 エッツィが発見されたのは1991年のこと。ドイツ人旅行者がエッツ渓谷の氷河で、非常に状態のいい人の冷凍遺体を発見した。

 彼が身に着けていたコート、ベルト、レギンス、靴はすべて違う革から作られていることに研究者たちは驚きの声をあげた。

 端正な顔立ち、体中にいれた61もの印象的なタトゥーなど、このクールガイへの興味は尽きない。

[画像を見る]

【食糧を携えていたエッツィは脂っこいものが好きだった】

 『Current Biology』に発表された最新の論文によると、エッツィのファションセンスもさることながら、彼はたくさんの食べ物を備えていたという。しかもどうやら脂っこいものが好きだったらしい。

 「アイスマンは、脂肪が優れたエネルギー源であることをちゃんとわかっていたようだ」というのは、論文の共同執筆者アルバート・ジンクだ。

 「高所寒冷な環境は、特に人間の生理機能が試される場で、飢餓や急激なエネルギー損失を避けるための最適な栄養供給が求められる」

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年7月26日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。